ジェンダー・アイデンティティの判定とは?

ジェンダー・アイデンティティのについて
性同一性障害の方に日常生活の状態については、服装、人間関係、職業歴などについて詳しく話を聞く必要があります。

今現在のジェンダー・アイデンティティご本人の心の性のあり方、性の役割の状況などを明らかにしていきます。

必要がある場合は性同一性障害のご本人の同意を得た場合は、本人の家族または親しい関係者から本人の症状経過、本人の生活態度や人格にかかわる問題や、家族関係やその周りの環境などについて話を聞き明らかにします。

性同一性障害の方の方と周り方との関わりや本人の状態について詳しく理解する必要があるでしょう。

これらのことを踏まえてジェンダー・アイデンティティについて総合的な見解と様々な角度から判断を加えます。

周りの人々からとの面談により、性同一性障害の本人とその人々との間の関係を崩さないように深く注意を払うことが必要になります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ