「2015年9月」の記事一覧

性同一性障害に対する法的問題について

性同一性障害は社会生活の上で様々な場面で苦労をすることが多いです。 性同一性障害の方が医師や関係者に要望する場合は職場や学校などでの社会生活上のうえでよりよい理解を深めてもらうためにも医師や関係者が医学的な説明や助言をす・・・

性同一性障害の既婚者の場合の家族面接について

性同一性障害(GID)の方の中には結婚している方もいます。結婚後にパートナーが性同一性障害(GID)であると知った場合は夫婦間の関係が悪化し、離婚になるケースもあります。夫婦間で離婚を前提にしていても、配偶者への面接と医・・・

性同一性障害の社会問題への対応

性同一性障害(GID)の方は社会生活の上で様々な場面で苦労をすることが多いです。 職場や学校などにおいても男女の区別で不都合な場面にも出くわすことになります。 性同一性障害(GID)の方が職場や学校などでの社会生活上のう・・・

性同一性障害と家族

性同一性障害(GID)の両親は性同一性障害を医学的疾患ととらえないことが多いです。 性同一性障害の子供に対して、非難をしたりその考えを非論理的や浮動的な行為として受け取り、子供の気持ちを理解しようとしない行動をとり、親子・・・

性同一性障害(GID)に対する精神療法

性同一性障害(GID)当事者と治療者においては、当事者自身が女性・男性どのような性役割をするか、人生の選択をどのようにしていくかを、本人自身の責任において決定するべきものであるという意識が、当事者と治療する側との両方に必・・・

性同一性障害の診断と評価

治療にあったっては診断と評価が行われます。 まず最初に行うことは、性同一性障害(GID)であるかどうかの診断です。 診断の次にはホルモン療法・手術療法の治療が適用になるかどうかが評価されます。 最初の段階で性別違和を訴え・・・

性同一性障害(GID)における治療目標

性同一性障害(GID)における治療目標とは何でしょうか? ジェンダー・アイデンティティ本人が希望する性別を身体的性別に一致させるという治療があります。これは心の性別を身体の性別に一致させるということです。 けれどもこれま・・・

性同一性障害の思春期児童について

クリニックの来院患者の年齢層は、FTMでは20歳前後に初診で来院される方が多いです。 高校生で初診に来る方もいます。 MTFは30歳代の方が多く、また40代以降の方も多いです。結婚されていたり、お子さんのいる方もいます。・・・

性同一性障害の就労問題

FTMの場合 建設、運送、飲食、介護などの職種に就く人が多いようです。 MTFの場合 IT系などの専門技術職を持つ方などを除いては、就労に苦労する方が多い傾向にあります。 就職試験などにおいては、性同一性障害を理由に断ら・・・

性同一性障害の保険適用について

性同一性障害/GIDの治療については、現在は自費治療(自由診療)が主になります。 ※自由診療とは、自由に診療を進めるという意味ではなく、保険証を使わないで自費で治療をしていくと言う意味です。 治療の進め方としては、 ①精・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ