性同一性障害と家族

性同一性障害(GID)の両親は性同一性障害を医学的疾患ととらえないことが多いです。

性同一性障害の子供に対して、非難をしたりその考えを非論理的や浮動的な行為として受け取り、子供の気持ちを理解しようとしない行動をとり、親子の関係を逆に悪化させてしまう場合があります。

子供からの相談に対しても積極的に受け入れることなく、故意に聞き流してしまう場合もあります。性同一性障害に対して頭ごなしに否定してしまうような言動や行動をとる場合もあります。

また性同一性障害の子供に対してその原因が親の養育方法、家庭環境ににあったのではないかと思い自分たちの責任であると考える親もいます。

その両親たちに対し、正しい理解がないがために親子関係を悪化させてしまったり、自分たちを責めるような考えに陥らないように、性同一性障害が医学的疾患であり、その原因としては、養育方法、家庭環境だけでなく、生物学的異常の存在が推定されることを理解してもらうことが必要になるでしょう。

性同一性障害の子供にとって両親は子供の支援者になる大切な存在です。両親も性同一性障害に対しての正しい知識を持ち理解を深めることが大切と考えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ