性同一性障害について:はじめに

性同一性障害gender identity disorder (GID)は、心の性別と身体の性別が一致しないために苦悩している状態です。この状態を改善するために、心が重視され、身体の性を変え、心の性別に近づける治療が行われます。

性同一性障害の治療法としては、主にホルモン治療と手術治療および性別適合手術sex reassignment surgery(SRS)が行われます。日本においては、1998年に埼玉医大で初めてのSRSが行われました。それ以降、性同一性障害gidに関する治療も次第に認知されるようになりました。

平成16年7月には、「性同一性障害gidの性別の取扱いの特例に関する法律(特例法)」が施行され、性別適合手術(SRS)が行われ、一定の条件のもとで、戸籍の性別変更が可能となったことは大きな前進といえるでしょう。

この経緯により、日本精神神経学会では、「性同一性障害gidの診断と治療のガイドライン」が作成されました。あくまでも、医療サイドの治療指針であり、性同一性障害(GID)の当事者に強要するものではありません。

身体的治療として、ホルモン療法、FTMの乳房切除術(胸オペ)および性別適合手術(SRS)は順序に関係なく、いずれの治療法を選択することも可能ですし、順番も問われません。ただし、性自認に一致した実生活を1年以上過ごすことが望まれます。

また、最新ガイドライン(第4版)では、思春期(15歳から18歳未満)に入り、性別違和感がある場合に二次性徴抑制ホルモン治療の利点が指摘され、その実施について新たに追加されました。

このような身体的治療は、生活の質の改善、自分らしく生きるための手段であり、人生の目的ではありません。医療現場では、性同一性障害(GID)当事者の自己決定と自己責任を最大限に尊重しながら、治療を進めることが大切とされます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ