性同一性障害の治療のガイドライン

性同一性障害の治療は精神科領域の治療と身体的な治療になります。

精神科においては精神的なサポートや性同一性障害であるという診断などが行われます。

身体的な治療としては、ホルモン療法や男性になりたい場合は乳房切除(乳腺摘出)手術、男女での性別適合手術SRSなどが治療として行われます。身体的治療を受ける前には精神的領域の治療をし診断書を取得することが必要になります。

性同一性障害の方の治療に関してはどの人も同じように全ての治療を行わなくてはいけないというわけではありません。個人個人によってかかる期間ややり方はそれぞれになります。

身体的な治療に関しては、治療の際にどのような点に気を付けるべきか、また、治療によりどのようなことが考えられるかなど治療に関する十分な理解が必要になります。そのうえで自分でどのような治療をどのような順番で行うかを決めていくようになります。

注射の治療が始まると見た目においての変化も現れてきます。男性は女性化が進み、胸が膨らんだり女性らしい体系になったりします。女性は声が低くなったり思春期のようにニキビが増えたり、筋肉がつきやすくなったり、ホルモンの治療により少しずつ様々な変化が現れます。

治療を受ける際にはその変化や注意点においてのメリットデメリットに対しても深い知識をもって治療を開始しすることが望まれます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ