性同一性障害/GIDについて知る

世の中には色々な悩みを持つ人がいます。 誰にも言えないような悩みを持つ方も少なくありません。性同一性障害/GIDもその1つです。
自分の性別に違和感を覚えるということがあれば深刻な悩みになってしまいます。

テレビでもオネエキャラと呼ばれて、身体は男性で心は女性という方がいます。 明るく振る舞ってはいるようですが、性同一性障害/GIDの場合、小さなころにはまわりの人に言えず苦しい思いをしている方が多いでしょう。

性別違和感を感じる時には、幼少期に着たくない洋服を強制的に着せられる、着たい服を着せてもらえないと感じたり、異性の服装が良いなと感じる場合があります。 また、初恋の人も同性の方だったり、同性の友人に話しても理解してもらえないことが多いでしょう。

最近では、性同一性障害/GIDに対する理解は深まって来ていて、ある程度歯カミングアウト出来るようになってきています。
それでもまだ正しく理解してもらう事ができず、心ない言葉を投げかけられてしまう人もいるかもしれません。 まず重要なことは、性同一性障害/GIDがどういうものなのかということを周囲のひとも理解する必要があるでしょう。

両親には絶対に話すことが出来ないと感じることがあります。 両親にも色々な方がいるので、性同一性障害を理解出来ない方もいるかもしれませんし、理解できるけど、すぐには受け止められないという両親ももちろんいます。

しかし、自分の子供がもし性別違和感を感じているのなら、正直に話して欲しいです。 何も恥ずかしいことではなく、性同一性障害/GIDは男女共に一定数の確率でいます。 隠し続けていると、自分が一番辛くなりますので、信頼できる誰かに話した方が良いです。 もし、身近な人には相談する人がいないようであれば、専門のクリニックなどにまずは相談するとよいでしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ