性同一性障害の性別の取り扱いの特例に関する法律

日本では、2003年に、「性同一性障害の性別の特例に関する法律」が成立し、2004年に施行されました。

子の性同一性障害特例法で定められた要件を満たせば、戸籍上性別を変更することが可能です。

1.20歳以上であること

2.現に婚姻をしえいないこと

3.現に未成年の子がいないこと

4.生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること

5.その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること

これらの条件が必要になります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ