性同一性障害における性別違和の状態について

性同一性障害の方は自分の性別が間違っていると考えます。MTFであったら自分のペニスに対して、FTMでしたら乳房に対しての嫌悪感を持ち傷つけたりする場合もあります。

MTFはペニスがなくなることを望み、せめて男性化の根源である睾丸を取り除くことを強く望むことが多いでしょう。

FTMは女性の象徴でもある胸がなくなることを望みます。FTMの場合は男性に近づくようにシャツ(いわゆる、ナベシャツ)により胸を押さえつけたりして胸が目立たないようにしたりします。また故意に声をつぶし傷つけたりすることもあります。

性同一性障害の場合は自分の性別と反対の性別になりたいと望みます。MTFの場合はパンツを嫌がったり、FTMの場合はスカートを嫌がりパンツを好んではいたり反対の性別となるための服装をします。

ホルモン療法や手術などにより、自分の身体を反対の性の身体に近づけたいと望みます。自分自身の性別に対しての違和感を持ち反対の性別になりたいと望むようになります。

性同一性障害の場合は日常生活の中でも自分の望む性での生活を望みます。しぐさや身のこなし言葉遣いなども女性になりたい場合はより女性的に、男性になりたい場合は男性的な身のこなしをします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ