性同一性障害に対する法的問題について

性同一性障害は社会生活の上で様々な場面で苦労をすることが多いです。

性同一性障害の方が医師や関係者に要望する場合は職場や学校などでの社会生活上のうえでよりよい理解を深めてもらうためにも医師や関係者が医学的な説明や助言をすることが求められます。

学校での生活では、性同一性障害の場合は身体は男子であっても心は女子の場合は女子の制服の着用を認めてもらう。反対に身体は女子であっても心は男子の場合は男子の制服の着用を認めてもらう。また水泳や学校行事においての着替えや合宿の際の入浴などについても考慮してもらいます。

職場などにおいても、ロッカーや着替えの際の対応やトイレになどについての理解を得たり処遇についての対応に対し、医療機関において診断書や意見書をだしてもらうことも可能です。

診断書や意見書をだしてもらうことにより、社会生活において周りの理解を得たり、生活面においての改善を望むこともできます。

医学的な説明や助言により周りの人達の性同一性障害に対する正しい認識をしてもらい、理解を得ていくことが必要になります。

また戸籍の名前変更や、性別変更の申請をする場合は医療機関に診断書や意見書を求めることができます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ