世界初の性転換手術SRS

世界で最初の性転換手術は、1930年から31年にドイツのクロイツ医師の執刀でデンマーク人画家アイナー・ヴェゲネルに対して行われました。

アメリカ人として初めて男性から女性への性転換手術を受けたとして、1950年代に性転換手術を受けた本アメリカ郡兵士ジョージ・ジョルゲンセンの話題は世界中でニュースになりました。

日本では、永井明が1950年代に日本で初めて女性から男性への性転換手術を受けたとされています。
男性への愛情をきっかけに精巣と陰茎の除去手術と造膣手術をうけ、さらに乳房の豊胸手術を受けました。

インターセックスではなく、完全な男性から女性への性転換手術であり、手術が全て完了した時の年齢は27歳でした。

1950年代の性転換手術によりメディアの注目を集め1960年代に、アメリカではトランスセクシュアリティが注目を浴びることになりました。

この流れをうけ80年代にはアメリカ精神医学会によってトランスセクシュアリズムの一つの区分としてGender Identity Disorder (性同一性障害)という診断カテゴリーが定義されました。

※現在は性転換転換でなく、性適合手術という言葉が使われています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ