トランスジェンダーについて

多数の人が自分自身の性自認が生物学的な性と一致しています。これは自分の事を男性または女性としてとらえることとと自分の身体的性別が一致しているということです。

これに対し自分の身体的性別に違和を覚える人をトランスジェンダーといいます。性同一性障害gidとほぼ意味は似ているのですが、厳密には、トランスジェンダー=性同一性障害ではありません。

トランスジェンダーの3つの分類

①生まれつきの自分の身体に対して違和感を覚え、自分自身の望む性別に身体を変えたいと望む人達がいます。この人たちを性同一性障害gidとしてとらえます。

現在は精神科に相談して性同一性障害gidの診断を下したり、ホルモン療法や性適合手術を受けるなどの身体的治療をすすめることや、条件をみたし自分の望む性別への戸籍変更も可能になっています。

②自分の身体の性に違和感を覚えてはいても、治療するには至らない人もいます。時々女装したり、男装したりして自分の望む性になり満足したりする人もいます。または社会生活上の諸事情がある為に治療を断念する場合もあります。

③自分自身の性別に対し違和感を持つものの、反対の性別、男性から女性、女性から男性へと望むのではなく、男性であり女性でもある両性、男性と女性の中間である中性、男性でもなく女性でもない無性というような性のありようを望む人もいます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ